意外と合うワインと和食

ワインと言えば、
フレンチやイタリアンの時に飲むお酒というイメージが強いかもしれません。

 

ですが、意外と思うかもしれませんが、和食にもワインは合います。
 
では、どんな組み合わせの和食とワインが合うのか、紹介していきます。

 

例えば、お刺身や天ぷらなどの魚料理には、白ワインを合わせるといいでしょう。

 

ただ、魚介類には白と決めつけてしまうのではなく、
調理方法や食材によって、合うワインは変わってくるので注意して下さい。

 

魚介類でも、牡蠣ならシャブリと組み合わせると言った具合です。

 

またお刺身にワインが合うのであれば、
当然お寿司にだってワインは合います。

 

お寿司の場合は、白ワインなら白身魚の美味しさを引き出し、
赤ワインなら旨みを壊さずに、魚の生臭さを消してくれます。

 

焼き鳥とワインも相性がよく、ワインは部位によって相性が異なってきます。

 

お肉の色がレバーのように赤ければ赤ワインを、
ササミのように白ければ白ワインを選べば失敗しません。

 

冬に食べたい定番の和食、お鍋にもワインは合います。
お鍋に熱燗という組み合わせも美味しいですが、
お鍋を食べていると身体の内側から温まります。

 

そして喉が渇き、冷たいモノが飲みたいと思う事も多いですよね。
なので、冷やしたワインと合わせる事で、すっきりとした後味になります。

 

ワインは飲んでみたいけど、
フレンチとかイタリアンのコースはマナーが気になって楽しめない。
そんな人は、ワインを和食で楽しんでみてはどうでしょうか?

 

産地、醸造方法、ブドウの品種、製造年によって、
味が大きく異なるワインだからこそ、自分好みの味を見つけましょう。