湯豆腐には熱燗とお湯割り

朝晩が冷え込むようになり、鍋が美味しい季節になってきました。
鍋には、いろいろな種類がありますが、シンプルで美味しい鍋が湯豆腐です。

 

具材や味付けがシンプルだからこそ、薬味に拘って、味の変化を楽しみましょう。
例えば、定番の大根おろしをたっぷり入れても美味しいですし、梅肉や柚子の皮、とろろ昆布を入れる事で風味がガラっと変わります。
最後の〆は、ご飯と卵を投入して、熱々のオジヤにして食べると絶品です。

 

では、シンプルな湯豆腐には、どんなお酒が合うのでしょうか?
鍋と言えば、やはり日本酒を飲みたくなります。

 

日本酒にもいろいろ種類がありますが、湯豆腐の場合は、吟醸酒がオススメです。
味は、湯豆腐がシンプルな味付けなので、鍋を味わうという意味でも淡麗タイプで、辛口を選ぶといいでしょう。
同じシンプルな鍋料理という点で、しゃぶしゃぶや水炊きもありますが、同じような視点で選ぶとお酒選びで失敗しません。

 

鍋で身体が温まるので、冷酒でも美味しく頂く事が出来ます。
ですが、凄く寒い夜であれば、日本酒も40度以上の熱燗にして、クイっと飲みたいですよね。

 

また日本酒以外で相性がいいお酒は、焼酎です。
焼酎の中でも、米焼酎や麦焼酎をお湯割りにして飲むのがオススメです。

 

湯豆腐は、しっかり野菜とタンパク質を摂取する事ができ、カロリーが低い料理なので、忘年会にお正月、新年会と食べ過ぎてしまう年末年始に、胃を休める気持ちで食べたいですよね。
ただし、せっかく湯豆腐がヘルシーでも、日本酒や焼酎を飲みすぎると高カロリーになってしまうので、お酒もほどほどにしましょう。

 

結粋はおすすめの居酒屋です。https://gifu-yui.com/