酒器にこだわって日本酒を楽しむ

和食に最も合うお酒として知られている日本酒ですが、
皆さんは普段どのようなことに気を付けて日本酒を飲んでいるでしょうか?

 

日本酒の温度や料理との組み合わせはもちろんのこと、
実は日本酒を注ぐ酒器によっても味わいが大きく変化するのです。

 

より美味しく日本酒を飲むために、酒器との相性について学んでいきましょう。

 

徳利などで用いられることの多い陶器は、
日本酒の温かさを感じられるのが特徴です。
冷酒にも合いますが、より強く温もりを感じたいのであれば
熱燗や人肌燗にすると良いでしょう。

 

陶器を長く使い続けていると、日本酒が少しずつ浸み込んでいきます。
浸み込んだ日本酒が新たに注がれたものとほのかに混ざり、
より深い味わいへと変化していくのです。

 

漆器は、口当たりの柔らかさが特徴といえます。
スッキリとした辛口の日本酒と合わせると、
通常よりマイルドな味わいをお楽しみいただけることでしょう。

 

反対に、磁器素材の酒器はひんやりとした口当たりを演出してくれるので
爽やかな口当たりをお望みの方にピッタリです。

 

錫製の酒器を使ったことはありますか?
錫は他の酒器に比べて保温性に優れています。
日本酒を同じ温度に保ちたいときは、錫製の酒器をおすすめします。
温めた日本酒は、香りを損なうことなく芳醇な味わいで楽しめます。
一方、冷酒の爽やかさも長期間保たれるので
ゆっくりと日本酒を楽しみたいときはこちらの酒器をお使いください。

 

最近では、冷酒をガラス製の酒器で楽しむ人たちが増えています。
ガラスのひんやりとした触感は、日本酒の清涼感を引き立てます。
飲み口が広いほど日本酒の香りが広がっていくので、
いくつかのグラスで飲み比べてみるのも面白いですよ。

 

酒器にも注意しながら、自分好みの日本酒の楽しみ方を見つけてみましょう。
蒲田で貸切して日本酒パーティーするならこちらのバーがぴったりです。