お気に入りのお酒とお店で

洋酒が伝来して以来、日本でもその技術を取り入れ
独自のブランドを立ち上げようという動きが活発化してきました。

 

その代表例といえるのがウィスキーです。
ジャパニーズウィスキーといえば、もはや世界でも通用するほどの人気を誇っているのです。

 

日本産のウィスキーは日本人の舌に合わせたウィスキー造りというテーマからスタートしました。
当時の日本人の食事スタイルといえば、もちろん和食です。
すなわち、ジャパニーズウィスキーは和食との相乗効果で味と香りが引き立つのです。
食事をしながらウィスキーを飲むなら、炭酸水や水で割ると口当たりがまろやかになります。

 

味噌煮込みや鍋のようにこってりとした味わいの料理のときはウィスキーを多めに、
おひたしや酢の物などのサッパリとした味の場合は水などを多めにすると丁度良いですよ。

 

和食居酒屋は、料理や飲み物に使う水にもこだわっているので
ウィスキーと和食を味わいたい方はぜひ利用しましょう。

 

和食居酒屋は、どのお店も提供するお酒及び料理の質が高いことが魅力です。
ただし、お店ごとに得意な分野があることを頭に入れておきましょう。

 

例えば、海に近いお店ならば魚を安く仕入れてお刺身を美味しくいただけることもあります。
店主が農家と知り合いなら、旬な野菜をいち早く提供してくれることでしょう。
お気に入りのお店を見つけるには、色々と食べ歩きながら
雰囲気や料理の味、提供しているお酒の種類などを確認する必要があるのです。

 

和食の繊細な味付けと落ち着いた雰囲気を楽しみたい方は、
ぜひお近くの和食居酒屋をご利用ください。