吟醸酒・純米酒・本醸造酒

日本酒には、吟醸酒、純米酒、本醸造酒と分類されています。
味の違いは分かるけれど、一体何を基準に分類されているのか分からないという人もいるでしょう。

 

分類の基準は、原料や製造方法の条件を満たしているかどうかで、判断されます。
吟醸酒は、精米歩合が60%以下で、白米を原料に、低温で長期間発酵させて造ったお酒です。
華やかな香が特徴で、淡麗のスッキリとした味わいが人気があります。

 

純米酒は、米・米麹・水を原料に製造し、醸造アルコールは使用されていません。
そのため、旨みやコクがあり、濃醇なお酒が多いのが特徴です。

 

本醸造酒は、精米歩合70%以下にした白米を原料に造られたお酒です。
シンプルで爽やかな味わいなので、飲みやすいと感じる人が多いかもしれません。

 

そして日本酒の種類によって、相性のいい料理も異なってきます。
吟醸酒なら、白身魚のおさしみ、山菜の天ぷらなど、素材を活かしたあっさりとした味付けの料理がお勧めです。

 

純米酒なら、お米の味わいが残る日本酒なので、白米に合うしっかりとした味付けの料理がお勧めです。
例えば、魚の煮付け、餃子、焼き鳥、すき焼きなどの料理と相性よく飲む事が出来ます。

 

本醸造酒なら、淡麗辛口で飲みやすい日本酒なので、あっさりとした料理でも、こってりとした料理でもよく合います。
魚の塩焼きなど和食はもちろん、グラタンやカルパッチョ、ロールキャベツなどの洋食ともよく合います。

 

このように日本酒のそれぞれの味の特徴を知り、その上でその日本酒に合う料理を選べば、おつまみとお酒の相性で失敗する事はありません。