カクテルは和食には合わない?

カクテルは味が濃いものが多いため、淡白な味付けの和食には合わない。
そんなふうに言われることがよくあります。

 

しかし、カクテルと一言でいっても、
本当に種類が多く、味もバラエティに富んでいます。

 

そのため、カクテルの中にも、和食と相性のいいカクテルは存在します。
ではどんなカクテルが、どんな和食に合うのか、
いくつか相性のいい組み合わせを紹介していきます。

 

まずカクテルの王様、マティーニは刺身などの生ものとよく合います。
煮物なら、甘めのカクテルよりも、辛口のカクテルがオススメです。
辛口の中でも、ミモザやスプリッツアー、レッドアイなどを選びといいでしょう。

 

逆に和食に合わないカクテルは、
南国系のフルーツカクテルや、ミルク系のカクテルです。

 

甘みが強くカクテルは、
和食の繊細なうまみを打ち消してしまうので、注意が必要です。

 

どうしても甘みが強いカクテルが飲みたい場合は、
食後のスイーツ感覚で飲むといいでしょう。

 

ただし、南国系フルーツはNGでも、
グレープフルーツを使ったカクテルは、和食と合います。

 

和食にもゆずなど、柑橘系のフルーツを使用するため、
醤油と柑橘類は相性がいいからです。

 

またビールは、魚介類の生臭さを増してしまうため、
刺身にビールベースのカクテルはおススメ出来ません。

 

他にも、和食に合うお酒と言えば、やはり日本酒が定番です。
そのためカクテルでも日本酒をベースにしたカクテルを選べば、
自ずと和食に合うカクテルになるはずです。

 

日本酒ベースのカクテルの場合は、
日本酒と割ものの比率を1:1にする事がポイントです。
 

関連ページ

和食バルの魅力とは
和食バルの魅力とは
錫の酒器で熱燗を楽しむ
錫の酒器で熱燗を楽しむ
郷土料理とワインのマリアージュ
郷土料理とワインのマリアージュ