お酒を楽しむのに最適な料理とは

お酒好きの方であれば、お気に入りの銘柄や種類があることと思います。
そんなお酒の味をさらに引き立ててくれるのが、料理やおつまみです。

 

おつまみなどを食べずにお酒だけを飲むのは、内臓に大きな負担をかけてしまいます。
長くお酒を楽しみたいなら、お酒との相性が抜群な料理をみつける必要があるのです。

 

気軽にお酒を飲める場所として親しまれているのが居酒屋になります。
 
最近ではデートや合コン、イベントの会場としても利用出来るほど私たちの生活に身近なものになりました。

 

居酒屋の種類は近年さらに多様化が進んでいます。
そんな中でも、お酒を美味しく飲みたいという方にオススメしたいのが和食居酒屋です。

 

和食居酒屋とは、その名の通り和食を主に提供する居酒屋のことをいいます。
イタリアや中華など、世界各国の料理を味わえる居酒屋が多くなっている現代で、なぜ今更和食なのでしょうか?

 

その理由の1つが、和食の繊細な味付けです。
和食は素材の味を生かすことを前提としており、むやみに調味料を多用しません。
自然豊かな日本で獲れた食材の味を最大限引き出しているのです。

 

繊細な味付けは、一緒に飲むお酒の味さえも引き立てます。
お酒の味の違いがわからないという方は、濃い味付けのおつまみによって舌の感覚が麻痺していたからかもしれません。

 

そんな方も本格的な和食とともにお酒を楽しめば、好きなお酒の本当の味を知ることが出来るでしょう。
そこで今回は、お酒ごとに合う和食のメニューと和食居酒屋の上手な利用方法についてご紹介します。

日本で古来より愛されたお酒

日本には、昔から人々の手で作られた歴史深いお酒が存在します。
それが、日本酒です。
日本酒はお米と麹、水の主な原料とする醸造酒です。

 

和食における主食はご飯ですから、お米を原料とする日本酒との相性は抜群です。
水炊きや土瓶蒸しなど、素材の味をそのまま召し上がりたいという方は吟醸造りの日本酒を飲みましょう。
吟醸造りとは、お米の香しい匂いを生かした特殊な製造方法です。

 

この過程を経た日本酒を吟醸酒といいます。
吟醸酒の中でもさらに厳しく精米されたお米で作られたものを大吟醸酒と呼び、こちらも素材の味を引き立てた料理と良く合います。
焼き鳥や魚の塩焼きのように、しっかりと味付けされた料理であればお米の味が強い純米酒がオススメです。

 

醸造酒にはアルコールが添加されることもありますが、純米酒は麹の力でお米発酵させたアルコールのみで構成されているのです。
それだけ時間をかけて造られているため、お米の香りが強くなります。

 

串揚げや煮込み料理など、素材の味に負けないほど濃い味付けがなされている料理の場合は、熟成された日本酒を飲みましょう。
日本酒は熟成させることで独特の風味が生まれます。

 

フルーティーなものやナッツに近い風味など銘柄によって様々です。
濃い味付けのものを食べたときは、こうした風味の日本酒でお口の中をリフレッシュすると、料理がさらに美味しく感じられるのです。

 

吟醸酒や純米酒などは、和風居酒屋に必ずといって良いほど用意されています。
自分で買うには手が出しにくいというお酒も、和風居酒屋なら気軽に楽しめるのです。

 

 

更新履歴